スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の幸せ願い始めた信心で今の我が家が 守られた功徳忘れずに精進

子供の幸せ願い始めた信心で今の我が家が 守られた功徳忘れずに精進

 本日は、家族四人が入信するまでのひびと御本尊様から戴いた功徳についてお話させていただきます。
 私がこの信仰と出会ったのは小学生の時で、父が創価学会員から折伏され、家族揃って入信したのが始まりです。
 結婚を機に私は御本尊様を御下付頂きましたが、主人を折伏しようという強い意志もなく、また私自身も信仰に励むというわけでもありませんでした。
 ただ、学生時代に受けた御書講義の中で血脈の大切さを教えられていたので、総本山から離れてはならないという一点だけは心の片隅にありました。しかし、長男・長女に恵まれ子育てに追われていく中、いつしか勤行もしないようになりました。
 そんな私が平成十二年に勧誡式を受けたのは、息子の中学受験がきっかけで、何とか合格してもらいたい親心からでした。無事に第一志望に合格し御本尊様に感謝したものの、子供達に御授戒を受けさせることには抵抗がありました。子供自身が自分で判断できる年齢まで待ってもいいのではないかと思ったからです。
 仏子として加護受ける
 そのような時、前御住職・高野法雄御尊師から「子供に信心させることによって、仏の子として御本尊様から護って戴けます」という力強い御指導をいただき迷いが吹っ切れ、平成十五年、子供二人を入信させることができました。
 やがて、その言葉を実証するかのように、息子が大学生の時、あと少しずれていたら右肩の傷で済まず失明していたかも知れないという事故に遭いました。幸いなことに、外科で応急処置を受け、その後、形成外科で細かく縫合してもらったお陰で傷跡は目立たず、目の後遺症もありませんでした。
 主人は信心に対して反対することもなく、むしろ協力的で、ご飯やお水のお給仕をはじめ、御報恩御講や支部総登山へ出かける時も快く送り出してくれました。信仰に全く関心がなく、葬儀はどの宗派で出してもよいという考え方でしたが、日蓮正宗に帰依することは、なかなか「うん」と言ってくれません。そんな主人に、私もどこか冷めた目で見ていて、主人は主人、私は私とお互い干渉せずの状態が続いていました。
 私は、ただ子供達の成長を願って朝晩の勤行を欠かさず出来るようになり、十五分、三十分がやっとだった御題目も、悩みがあると一時間半も唱えられるようになりました。
 自身も守られて
 そして平成二十年八月六日、体の不調に気付き婦人科を受診したところ、医師から子宮ガンと宣告されました。衝撃を受け、自分の体はどうなっていくのだろうと不安の募る中、御住職・岡崎法顕御尊師のお計らいで御秘符を申請し、家族や、信心の仲間に支えてもらいながら一カ月後に手術を受けました。
 ガンが大きかったにもかかわらず病理検査の結果は、ステージIでリンパ節への転移もありませんでした。子宮内膜に広がらずガンが外に向いていたのが幸運だったと医師から説明があった時、私自身も御本尊様に守られたのだと涙がこぼれました。
 その後抗ガン剤治療を二カ月半受け、副作用に苦しみました。体がしんどくて、家事は十分動いては二十分横になって休むという具合でした。軽いはずの夏布団でさえ重く感じられるほど体力を消耗していきました。ガン患者の中には抗ガン剤治療が何年も続く人もいます。私もこの仏法を持(たも)っていなかったら、入退院を繰り返し生活に支障をきたして、生きる希望が持てなかったかも知れません。
 やっと抗ガン剤治療が終わり少しずつ元気な体を取り戻すと、再発や転移がないことを願って、それまで一時間半だった御題目を毎日三時間唱えようと決意しました。ガンが完治と言えるかどうかは五年の経過観察が必要です。先の長い闘いに、ともすれば弱気になる自分を励ましながらの唱題でした。
 主人の入信を御祈念
 去年の秋、その五年が過ぎました。早期に発見でき生還できたのも、御本尊様の御加護があったからこそです。ガンを患ったことがきっかけで、主人にも御本尊様のすごさ、功徳の大きさを判ってもらいたいと思い、無慈悲だった自分を反省し、主人の入信を御祈念するようになりました。思えば子供中心の生活で、主人のことはいつも後回しになっていました。
 お寺の彼岸会や盂蘭盆法要などの行事に合わせ、先祖供養をしようと主人を誘って参詣しましたが、御住職にお声をかけていただいても相変わらず無反応な態度の主人でした。
 そんな状況が数年続きましたが、この夏、御住職の折伏を受けるチャンスが訪れました。七月二十七日、主人の父親の月命日なので、お父さんの供養になるからと誘い、主人と一緒に参詣しました。
 御住職は、家族での信心の様子を尋ねてくださるなど、自然な形から入ってお話くださり、同席してくださった木戸講頭や若林副講頭も、ご自身の体験を含めていろいろお話してくださいました。それでもなかなか入信決意に至らず、時間ばかりが過ぎました。
 私は、側で話を聞きながら主人の表情を見ては、何とか今日、結果を出せないものか、せっかく御住職にお話いただいているのに、このまま御授戒を受けずに主人を帰しては、御本尊様にも御住職にも申し訳ない、と思いました。
 今はこうやって元気で話していても、明日はどうなるか判らない世の中です。主人を一日でも早く正しい信心につかせて福徳を積んでもらいたいと強く思いました。決めるのは今しかないと肚(はら)をくくり、思い切って「この信心を一緒にして欲しい」と頼んだところ、反論もなく受け入れてもらえ、ついに主人の入信が叶いました。
 私一人ではけっしてできなかった主人の折伏は、御住職をはじめ講中の皆様の応援と御祈念の賜(たまもの)と感謝しています。また、こんなにも素直に入信してくれた主人を、今まで以上に大切にしていかねばと痛感しました。
 ご報恩の精進誓う
 振り返れば、子供の幸せを願ってスタートした信心でした。反抗期や思春期、就職活動など難しい局面に立ったときでも御本尊様へ祈り続けた結果、その子供たちも今では、希望通りの職種に就いて人や仕事に恵まれ、社会人として歩き出しています。日蓮正宗という正しい信仰につけたお陰で、一つひとつ悩みが解決し、家族が守られながら生活できて、我が家の今の幸せがあるのだと思います。
 これからも御本尊様への報恩感謝の気持ちを忘れず、主人と一緒に手を合わせていけるよう日々、精進してまいります。

大白法 平成26年12月16日号 6面 体験発表より


スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

大石寺所蔵の日蓮大聖人御真蹟一覧

大石寺所蔵の日蓮大聖人御真蹟一覧
御書番号
(新定)
御書平成新編御書全集昭和新定平成校定真蹟所在
△は数紙・数行を現存する御書
録内外
二〇六春之祝御書75815101123大石寺続加
二二七三三蔵祈雨事87314681292大石寺録内
二二九南條殿御返事88215411306△大石寺録外
二三一高橋入道殿御返事88614581311△大石寺 外二箇所録内
二三二上野殿御返事89215121320△大石寺 △要法寺
二四三石本日仲聖人御返事90714541346△大石寺
二五七減劫御書92414651398大石寺
二七一南條殿御返事97015311460大石寺録内
二七五宝軽法重事98914741470大石寺録内
二九四白米一俵御書154415961600大石寺
三〇九上野殿御返事112115371656大石寺 △京都寂光寺録外
三五九芋一駄御書89915881875大石寺
三六八初穂御書150215991925△大石寺
三七七食物三徳御書132115981941△大石寺
三七八閻浮提中御書132215891942△大石寺
三七九衆生心身御書121215901944△大石寺
四一三上野殿御返事142715602049大石寺録内
四二〇上野殿御返事143615612063大石寺録外
四三三新田殿御書147014522107大石寺
四三七上野殿御返事147915642121△大石寺録外
四四四上野殿御返事149615672150大石寺録外
四六〇諫暁八幡抄15305762196身延曾存 △大石寺録内
四六四南條殿御返事149815662221△大石寺
四六六重須殿女房御返事155114912223大石寺
四六七上野尼御前御返事155215752225大石寺録外
四八四上野殿母尼御前御返事157915832259大石寺録外
四九八莚三枚御書159215872279△大石寺
五一八十宗事15986922381大石寺
五二八六識事799-2516大石寺新加
五二九三論宗御書12736912519△大石寺
五三〇五行事8026932520大石寺
五三七一定証伏御書155015982527△大石寺
五三八五大のもとへ御書134915992528大石寺
-断簡二九編 一--2535大石寺
-断簡二九編 二--2535大石寺
-断簡二九編 三--2535大石寺
-断簡二九編 四--2536大石寺
-断簡二九編 五--2536大石寺
-断簡二九編 六--2536大石寺
-断簡二九編 七--2537大石寺
-断簡二九編 八--2537大石寺
-断簡二九編 九--2538大石寺
-断簡二九編 一〇--2538大石寺
-断簡二九編 一一--2538大石寺
-断簡二九編 一二--2539大石寺
-断簡二九編 一三--2539大石寺
-断簡二九編 一四--2539大石寺
-断簡二九編 一五--2540大石寺
-断簡二九編 一六--2540大石寺
-断簡二九編 一七--2540大石寺
-断簡二九編 一八--2541大石寺
-断簡二九編 一九--2541大石寺
-断簡二九編 二〇--2541大石寺
-断簡二九編 二一--2542大石寺
-断簡二九編 二二--2542大石寺
-断簡二九編 二三--2544大石寺
-断簡二九編 二四--2544大石寺
-断簡二九編 二五--2544大石寺
-断簡二九編 二六--2545大石寺
-断簡二九編 二七--2545大石寺
-断簡二九編 二八--2546大石寺
-断簡二九編 二九--2546大石寺
※断簡を除く上記御真筆は真書と判明している

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

法蔵館 日蓮聖人真蹟集成

法蔵館 日蓮聖人真蹟集成
当該書籍は日蓮大聖人の御真蹟及びその写本、また御真筆御本尊について写真収録した資料である。
現在、古書店で10冊揃ならば30万円以上する為、入手が少々難しいものである。
ただし、重要御書の御真蹟を拝する上では第一級の史料であることは間違いないと思う。
下記に国立国会図書館蔵書情報(NDL-OPAC)から検索した結果を掲載しておく。

日蓮聖人真蹟集成 第1巻
法蔵館 1976(S51)年発行
頁数 290
サイズ 19×27cm
収録資料 曽谷入道殿許御書,立正安国論(広本),撰時抄,法華取要抄,四信五品抄,諸経与法華経難易事,諸人御返事,内記左近入道殿御返事,法華証明抄,浄土九品之事,災難対治抄,十章抄解説(兜木正亨,田村芳朗)

日蓮聖人真蹟集成 第2巻
法蔵館 1976(S51)年発行
頁数 306
サイズ 19×27cm
収録資料 立正安国論ほか30編

日蓮聖人真蹟集成 第3巻 (御書 3)
法蔵館 1977(S52)年1月発行
頁数 306
サイズ 19×27cm
収録資料 

日蓮聖人真蹟集成 第4巻 (御書 4)
法蔵館 1977(S52)年5月発行
頁数 337
サイズ 19×27cm
収録資料

日蓮聖人真蹟集成 第5巻 (御書 5.花押集)
法蔵館 1977(S52)年10月発行
頁数 383
サイズ 19×27cm
収録資料

日蓮聖人真蹟集成 第6巻 (写本・抄本)
法蔵館 1977(S52)年8月発行
頁数 373
サイズ 19×27cm
収録資料

日蓮聖人真蹟集成 第7巻
法蔵館 1977(S52)年6月発行
頁数 256
サイズ 19×27cm
収録資料 注法華経 表

日蓮聖人真蹟集成 第8巻
法蔵館 1977(S52)年11月発行
頁数 236
サイズ 19×27cm
収録資料 注法華経 裏

日蓮聖人真蹟集成 第9巻
法蔵館 1976(S51)年発行
頁数 281
サイズ 19×27cm
収録資料 大石寺蔵 春の祝御書等44点

日蓮聖人真蹟集成 第10巻 (本尊集)
法蔵館 1977(S52)年12月発行
頁数 123
サイズ 39cm
収録資料

聖教新聞紙上に踊る常軌を逸した罵詈雑言

聖教新聞紙上に踊る常軌を逸した罵詈雑言
聖教新聞2003年9月27日付4面
破邪顕正 邪悪は痛罵せよ!
政治も、言論も、宗教も--民主を食い物にする悪辣な人間とは断じて戦う!日本はこの気骨が伝統的に弱い。
日本をダメにしているのは、悪人連中だけでなく、美辞麗句ばかり構えて悪と戦おうとしない"偽善の徒"である。
我らの宗祖・日蓮大聖人は、悪を痛烈に罵倒する言論闘争を展開された。
邪宗の坊主を「アブ(虻)」や「イナゴ(大蝗虫)」呼ばわりし(今で言えば、"ウジ虫野郎"とでも言ったところか)、一点の曇りも逡巡もなく、一刀両断したのである。
民衆を食い物にし、のうのうと暴利を貪っていた権力者は、縮み上がった。そして、怨嫉と謀略の果てに、仏罰の業苦に沈み、厳しき因果の理法を己の??????????????
「牛馬の如くなる知者どもが日蓮が法門を仮染にも謗るは糞犬が獅子王をほへ癡猿が帝釈を笑ふに似たり」(御書890㌻)[新編445頁] と、大聖人は口を極めて呵責しておられる。
糞犬!癡猿!日顕のごとき極悪を『極悪』と斬り、山崎のごときゲスを『ゲス』と笑い、新潮・文春等の『子供たちに読ませたくない』クズ雑誌を『クズ』と叩いてこそ、日本の民主主義は守ることができる。
言うべきことを言わない臆病な"お澄まし屋"は、悪を増長させ、善を虐げる加担者だ。
ルソーいわく「悪人に対して恐るべき人間になりえないとしたら、どうして彼は善良な人間でありえようか」(山路昭訳)
俗耳に入りやすい甘言で人々を誑かすウソ議員やデマ雑誌やエセ宗教。これらの魔物を打ち倒し、日本の精神復興の光をもたらすのが、正義を打ち込む創価の言論闘争だ。
聖教新聞2003(平成15)年9月27日4面 破邪顕正
※薄字部は、新聞の左側の行が隠れて見えないため、「創価学会とは何か」(山田直樹著 新潮社)74頁の引用を用いてこれを補完した。「???」とした部分は、同書に引用がないため不明のままとした。判明次第補完したい。

仮にも日蓮門下を自称する創価学会だが、何たる不遜か。大聖人の御金言を引き、さも自分らの罵詈雑言は破邪顕正と本気で思っているようだ。
日蓮大聖人の教えを曲解して世間より大聖人すら誤解されかねない不遜な言辞である。

大聖人は、
[蒙古使御書]「蒙古の人の頚を刎ねられ候事承り候。日本国の敵にて候念仏・真言・禅・律等の法師は切られずして、科なき蒙古の使ひの頚を刎ねられ候ひける事こそ不便に候へ。」(新編909頁)
と仰せられているが、創価学会ならばこの御文を直ちに「悪人は殺しても良いのだ」とでも曲解しかねないと戦慄を覚えたのは私だけであろうか。

「大蝗虫(おおいなむし)」という言葉は、御書中に二箇所(平成新編)あるが、聖教新聞は以下の御文中にある「法師ににたる大蝗虫」「大蝗虫たる諸僧等・近臣等」を日顕上人或いは御僧侶方の為体(ていたらく)とでも言いたいのであろう。
[報恩抄]「日本国には伝教大師が仏滅後一千八百年にあたりていでさせ給ひ、天台の御釈を見て欽明(きんめい)より已来二百六十余年が間の六宗をせめ給ひしかば、在世の外道・漢土の道士、日本に出現せりと謗ぜし上、仏滅後一千八百年が間、月氏・漢土・日本になかりし円頓の大戒を立てんというのみならず、西国の観音寺の戒壇・東国下野の小野寺(おのでら)の戒壇・中国大和国東大寺の戒壇は同じく小乗臭糞(しゅうふん)の戒なり、瓦石(がしゃく)のごとし。其れを持つ法師等は野干猿猴(やかんえんごう)等のごとしとありしかば、あら不思議や、法師ににたる大蝗虫(おおいなむし)、国に出現せり。仏教の苗一時にうせなん。」(新編1035頁)
[呵責謗法滅罪抄]「国の大蝗虫(おおいなむし)たる諸僧等・近臣等が日蓮を讒訴(ざんそ)する弥(いよいよ)盛んならば、大難倍(ますます)来たるべし。帝釈を射る修羅は箭還(やかえ)って己が眼にたち、阿那婆達多竜(あなばだったりゅう)を犯さんとする金翅鳥(こんじちょう)は自ら火を出だして自身をや(焼)く。」(新編716頁)

言うまでも無いことだが、聖教新聞のこの記事の言辞はそっくりそのまま創価学会を言っているようなものである。そう言うと、「ああ言えばこう言う」創価学会の事だから「学会に僧侶はいない」とでも言うのだろう。
しかし報恩抄にせよ呵責謗法滅罪抄にせよ、邪法の悪僧のこととは言え、悪法を流布する創価学会にあっては全くその悪僧の如くである。

池田大作は紛れもない僣聖増上慢である。創価学会は池田大作は在家であって、そもそも僣聖増上慢は在家には該当しないと言いたいようだが、そうはいかない。
我々日蓮正宗信徒は、「現代の一凶」である創価学会こそ「大蝗虫」と断じ、誤った信仰観を植え付けられた学会員を一人でも多く救済していくことが肝要である。

近年の創価学会は、池田が表舞台から姿を消したことも相まって、実に生命力が失われて元気が無い。
いよいよ大謗法の害毒が現証として現れ始めてきたのだろうか。
平成27年は第二祖日興上人御生誕七七〇年の大佳節であるとともに、御当職日如上人猊下より法華講員50%増との御命題を賜っている年である。本年も終わりも近くなってきたが、益々折伏に励んでいかねばならない。



テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

「狸祭り事件」戸田城聖氏を筆頭に創価学会員青年部が老僧を集団リンチ

狸祭り事件」戸田城聖氏を筆頭に創価学会員青年部が老僧を集団リンチ

当時の一般新聞報道
朝日新聞 昭和27年9月3日夕刊3面
戸田会長を留置 日蓮宗つるし上げ事件
【吉原発】岐阜県美濃町本玄寺住職小笠原慈聞師(七八)を日蓮宗創価学会=東京都千代田区神田西神田=の一部信徒がつるし上げた事件を調べている静岡県富士地区署は一日同会和泉覚氏を、さらに二日同会会長の戸田城聖氏留置したほか、つるし上げに参加したとみられる同会青年部の十名を任意出頭で調べ、同夜釈放した。
取り調べを受けた青年部の中には大学教授二名、小学校教員四名など知識人が多く証拠固めは三日で一応終る見込み。なお小笠原師は四月二十七日の被害当日裸にされて殴られ、全治四週間の負傷をした上謝罪状を書かされたと同署では言っている。
朝日新聞 昭和27年9月3日夕刊3面 戸田会長ら留置



テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:美華子愛♪
日蓮正宗信徒の美華子愛♪です。念のため申し上げておきますが、男性です。
昭和50年に創価学会三世として生を受け、以来平成20年まで創価学会に在籍。両親はともに現役の学会幹部。
創価学会の本尊が偽造本尊と知り平成20年に脱会、法華講の方と接触して御住職ともお話を伺い、日蓮正宗こそ正当と確信して同年に勧誡式を受けて日蓮正宗に帰伏、現在に至る。

本ブログは、主に日蓮正宗の教義資料の掲示、それに関連する傍系反系資料を含めて掲示します。
特に入手の難しい資料で信徒にも重要と思われる物について掲示していきます。
なお、誤り等あるときはご連絡いただけますと幸いです。

メールアドレスは
mikacolove0101-blog@yahoo.co.jp
メールの題に
【ブログ連絡】
と付けてくださると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理用
管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。