スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡國法華講衆御返事(さどのくにほっけこうしゅうおへんじ)

開祖日興上人遺文

佐渡國法華講衆御返事 元亨三年六月廿二日 正本 北山本門寺蔵

 御かうしう(講衆)の申さゝむね(旨)、き(聞)こしめし候ぬ。さては、さいしやうどの(宰相殿)御事、しきぶ(式部)のきみ(公)のほんじやく(本迹)のほうもん(法門)を申を、き(聞)こしめして、御かう(講)、一とう(統)にならせ給たるやう(様)にき(聞)ゝ候しあいだ(間)、さ(然)のとおも(思)ふて候へば、そのぎ(義)なきに御かうしう(講衆)よりも、さいしやうどの(宰相殿)よりもう(受)け給候。さては御し(師)はたれ(誰)にて、御わたり候けるぞ、たれ(誰)より、さうでん(相伝)したりとも候はす。かうしう(講衆)は、しでし(師弟子)、そんぢ(存知)せぬと申され候。かやうに、あら(明)かに御わたり候けるを、一とう(統)の御かう(講)に、しまいらせ給けるこそ、ふさた(無沙汰)に候へ。じこん(自今)いご(以後)は、し(師)をさだ(定)めて、かうしう(講衆)にも、一とう(統)せられ候べし。このほうもん(法門)はしでし(師弟子)を、たゞ(糾)して、ほとけ(仏)になるほうもん(法門)にて候なり、たゞし日本國の一さい(切)しゆしやう(衆生)、ぢごく(地獄)にお(堕)ちうずると、しやう(聖)人の仰候は、上下萬民、しよほつしん(初発心)のしやか(釈迦)ほとけ(仏)をす(捨)てまいらせて、ある(或)いは、あみだ(阿弥陀)ほとけ(仏)、ある(或)いは大日によらい(如来)、ある(或)いはやくし(薬師)ほとけ(仏)を、し(師)とたのみて、ほんし(本師)しやか(釈迦)によらい(如来)にそむ(背)きまいらせ候あひだ(間)、むけんぢごく(無間地獄)とは、をう(仰)せ候ぞかし。さいしやうどの(宰相殿)御しんじん(信心)を、を(起)こし、ほんじやく(本迹)のほうもん(法門)をき(聞)こしめしう(受)けとらせ給ける、し(師)はたれ(誰)にて候けるぞ。御し(師)だにもさだ(定)まし候はゞ、御こう(講)にも、一とう(統)こそ候はめたゞしは御し(師)さだ(定)まらず候けるあひだ(間)、こぞ(去年)よりして、かうしう(講衆)一とう(統)しまいらせぬよし(由)う(承)け給候はあ(有)りがた(難)く候。そうしてさるべき人の御かうしう(講衆)に御わたり候こそ、かたかた(方々)のため(為)にもあ(有)りがた(難)きこと(事)にて候へけれ。さいしやうどの(宰相殿)よりの御じやう(状)にも、御し(師)はたれ(誰)とも候はず、かうしう(講衆)よりも、しでし(師弟子)ぞんち(存知)せぬと申され候あいだ(間)、御くやう(供養)おさ(収)めまいらせず候事は、きは(極)めておそ(恐)れ入て候へども、このほうもん(法門)た(立)て候事は、ゑんぶだい(閻浮提)一の大事にて候あひだ(間)、かやうにきたい(鍛錬)申候だにも、しやう(聖)人の御せうらん(照覧)にはゆる(緩)くやおぼ(思)しめ(召)され候らんと恐入まいらせて候なり。御かうしう(講衆)じこん(自今)いご(以後)において、へんぱ(偏頗)ありてしやう(聖)人のほうもん(法門)にきず(瑕)つ(付)け給候な。なをなを(尚々)このほうもん(法門)は、しでし(師弟子)をたゞ(糾)してほとけ(仏)になり候。しでし(師弟子)だにもちが(違)い候へば、おな(同)じほくゑ(法華)をたも(持)ちまいらせて候へども、むげんぢごく(無間地獄)にお(堕)ち候也。うちこしうちこしぢき(直)の御でし(弟子)と申やから(輩)が、しやう(聖)人の御とき(時)も候しあひだ(間)、ほんでし(本弟子)六人をさだ(定)めお(置)かれて候。そのでし(弟子)のけうけ(教化)のでし(弟子)は、それをそのでし(弟子)なりとい(言)はせんずるためにて候。あん(案)のごと(如)くしやう(聖)人の御のち(後)も、すゑ(末)のでし(弟子)どもが、たれ(誰)はしやう(聖)人のぢき(直)の御でし(弟子)と申やから(輩)おほ(多)く候。これらの人はうばう(謗法)にて候也。御こうしう(講衆)ら(等)このむね(旨)をよくよくぞんぢ(存知)せらるべし。恐々謹言。

  元亨三年六月廿二日

白  蓮 花押


     さどの國の法華かうしうの御返事

日蓮正宗歴代法主全書 第一巻182~184頁


※誤字脱字未チェックにつき注意のこと


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美華子愛♪

Author:美華子愛♪
日蓮正宗信徒の美華子愛♪です。念のため申し上げておきますが、男性です。
昭和50年に創価学会三世として生を受け、以来平成20年まで創価学会に在籍。両親はともに現役の学会幹部。
創価学会の本尊が偽造本尊と知り平成20年に脱会、法華講の方と接触して御住職ともお話を伺い、日蓮正宗こそ正当と確信して同年に勧誡式を受けて日蓮正宗に帰伏、現在に至る。

本ブログは、主に日蓮正宗の教義資料の掲示、それに関連する傍系反系資料を含めて掲示します。
特に入手の難しい資料で信徒にも重要と思われる物について掲示していきます。
なお、誤り等あるときはご連絡いただけますと幸いです。

メールアドレスは
mikacolove0101-blog@yahoo.co.jp
メールの題に
【ブログ連絡】
と付けてくださると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理用
管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。