スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日蓮正宗の古い出版書籍類

日蓮正宗の古い出版書籍類

国立国会図書館は納本制度により、明治期より多くの書籍が収集されているが、同館蔵書のうち、著作権が消失した分がデジタルアーカイブ化され、インターネットで自由に閲覧可能である。
それらの資料を以下に示す。
資料の順は日蓮正宗の慣例に随い、御歴代上人順で編年に合わせ、そのあとに御僧侶もしくは在家また出家在家不明の順とした。

弁惑観心抄 明治27年 日應上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823908
法道院より日應上人五十回忌記念として昭和46年6月に改訂出版され、第二刷が現在でも大日蓮出版より入手可能である

法之道 巻一 明治39年 日應上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823894
興門資料刊行会より2002年9月に復刻刊行された(限定部数)

一代聖教諸宗一覧
大正4年 日應上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/908899
大正10年 日應上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/919393
興門資料刊行会より2001年6月に昭和6年版が復刻再刊された(限定部数)

南無日蓮大聖人 大正15年 日柱上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983445
興門資料刊行会より2002年3月に復刻刊行された(限定部数)

日蓮正宗教学叢書 第一編 日蓮正宗綱要 大正11年 日亨上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/968187
興門資料刊行会より2001年12月に復刻刊行された(限定部数100部)

日蓮正宗教学叢書 第二編 熱原法難史 大正12年 日亨上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/968188
興門資料刊行会より2003年2月に復刻発刊された(限定部数)

日蓮正宗教学叢書 第三編 祖文纂要 日霑上人集 大正15年 日亨上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/987227
大石寺宗務院教学部より1994年7月に改訂版が出版され、現在でも大日蓮出版で入手可能である

日蓮正宗宣伝叢書 第四編 南条時光全伝 大石寺開基六百年忌 昭和6年 日亨上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1056760
興門資料刊行会より2001年8月に復刻刊行された(限定部数)

日蓮正宗宣傳叢書 第五編 日蓮正宗綱要 昭和6年 日亨上人著
未公開
興門資料刊行会より2004年2月に復刻刊行された(限定部数)

日寛上人全伝 昭和5年 日亨上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1090426
興門資料刊行会より2000年9月に復刻刊行された(限定部数)

霑尊遠忌紀念 昭和14年 日亨上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1089746
興門資料刊行会より2003年4月に復刻刊行された(限定部数)

宗内通俗問答大意 明治30年 富士本智境師(廣布院日奘師)撰述、土居崎慈成発願監修
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823679
大日蓮出版より2010年4月に再刊、興門資料刊行会より2003年10月に復刻発刊された(限定部数)

興門正義 巻之一 明治39年 近藤勇道師著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823654
興門資料刊行会より2002年9月に復刻刊行された(限定部数)

興門正義 巻之二 明治39年 近藤勇道師著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823655
興門資料刊行会より2003年5月に復刻刊行された(限定部数)

興門正義 巻之三 明治 年 近藤勇道師著
未公開
興門資料刊行会より2004年1月に復刻刊行された(限定部数)

日蓮正宗教義一斑 大正10年 松本諦雄師著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/920915
興門資料刊行会より2000年5月に復刻刊行された(限定部数300部)、増補日蓮正宗教義一斑(大正14年刊)、勸信乃栞(大正16年刊)も併せて収録している

自然鳴小集 小笠原慈聞師稿ほか 大正5年
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933760/31
大正5年の発刊であり日應上人から序の御言葉を賜りし書であるから、問題ないとおもわれるが小笠原師は大正15年より昭和6年に至るまで日柱上人・日亨上人・日開上人の御相承問題を撹乱した首謀者であり、また戦中にも神本仏迹の邪義を唱えて日恭上人を猊座から引きずりおろさんと画策し、擯斥処分を受けて宗門を追われた経緯がある
小笠原師は後にそれを改悛して御法主より恩赦あって僧籍の復籍を得ているが、創価学会の狸祭り事件においても自己の過去の誤りを信教の自由に準えた経緯があるため注意すべき点がある
興門資料刊行会より2001年5月に復刻刊行された(限定部数)、国会図書館蔵書検索NDL-OPACでは「専門資料刊行会」と誤って登録されているため注意されたい

日蓮大聖人の国体観 大正9年 荒木清勇著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/963431

真の教 昭和24年 独卑庵著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823963


以下、他門発行によるが、本宗の記載に関連するので、掲載した。

日蓮宗宗学全書 興尊全集・興門集 大正10年 日興上人・日目上人述ほか、日亨上人編ほか
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953049
興尊全集は日興上人遺文、興門集は日目上人・日道上人ほか興門他山のもの多し
山喜房仏書林より昭和34年7月復刻刊行初版、昭和58年12月第2刷刊行された

日蓮宗宗学全書 日蓮正宗部 大正11年 日寛上人著
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/953044
中興日寛上人御著述集、六巻抄、文段ほか
山喜房仏書林より復刻刊行された


恐らく、今後も著作権消失により現状はオンライン公開されていない資料が次々と開示されていくと予想される。
上記については既に著作権が消失しているため、個々に複写して自由に使用可能である。
願わくは、これら資料の多くが開示され、信徒の資糧とならんこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美華子愛♪

Author:美華子愛♪
日蓮正宗信徒の美華子愛♪です。念のため申し上げておきますが、男性です。
昭和50年に創価学会三世として生を受け、以来平成20年まで創価学会に在籍。両親はともに現役の学会幹部。
創価学会の本尊が偽造本尊と知り平成20年に脱会、法華講の方と接触して御住職ともお話を伺い、日蓮正宗こそ正当と確信して同年に勧誡式を受けて日蓮正宗に帰伏、現在に至る。

本ブログは、主に日蓮正宗の教義資料の掲示、それに関連する傍系反系資料を含めて掲示します。
特に入手の難しい資料で信徒にも重要と思われる物について掲示していきます。
なお、誤り等あるときはご連絡いただけますと幸いです。

メールアドレスは
mikacolove0101-blog@yahoo.co.jp
メールの題に
【ブログ連絡】
と付けてくださると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理用
管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。