スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗祖御遷化記録

  宗祖御遷化記録   弘安五年一〇月一六日 正本 西山本門寺藏
一、弘長元年辛酉五月十二日伊豆國被流御年四十 預伊東八郎左衛門尉造立正安國論一卷奉最明寺入道故也、同三年二月廿二日、赦免、
一、文永八年辛未九月十二日被流佐土島御年五十 預武州前司依極樂寺長老良觀房訴狀也、訴狀在別紙同十一年甲戌二月十四日赦免、
 同五月十六日、甲斐國波木井身延山隱居す地頭南部六郎入道
一、弘安五年壬午九月十八日武州池上入御地頭衞門大夫宗仲
 同十月八日本弟子六人被定置此狀六人面々可帶云々 日興一筆也
      定
     一弟子六人事 不次第
    一、蓮華阿闍梨 日持
    一、伊與公   日頂
    一、佐土公   日向
    一、白蓮阿闍梨 日興
    一、大國阿闍梨 日朗
    一、辨阿闍梨  日昭
 右六人者本弟子也、仍爲向後所定如件。
   弘安五年十月八日
   同十三日辰時御滅御年六十一 卽時大地震動、
   同十四日戌時御入棺、日朗日昭 子時御葬也、
一、御葬送次第
   先火      二郎三郎鎌倉住人
   次大寶華    四郎次郎駿河國富士上野住人
   次幡      左 四條左衛門尉
            右 衞門大夫
   次香      富木五郎入道
   次鐘      大田左衞門入道
   次散花     南條七郎次郎
   次御經     大學亮
   次文机     富田四郎太郎
   次佛      大學三郎
   次御はきもの  源内三郎御所御中閒
   次御棺     御輿也
              侍 從 公
              治 部 公
             左
              下 野 公
              蓮華阿闍梨
   前陣 大國阿闍梨
              出 羽 公
              和 泉 公
             右
              但 馬 公
              卿  公

              信 乃 公
              伊 賀 公
             左
              攝 津 公
              白蓮阿闍梨
   後陣 辨阿闍梨
              丹 波 公
              大 夫 公
             右
              筑 前 公
              帥   公
   次天蓋     大田三郎左衞門尉
   次御大刀    兵衞志
   次御腹卷    椎地四郎

   次御馬     龜王童
           瀧王童
一、御所持佛敎事、
   御遺言云、
  佛者釋迦立像 墓所傍可立置云云、
  經者私集最要文名注法花經
  同籠置墓所寺六人香花當番時可被見自餘聖敎者非沙汰是限云云、仍任御遺言所記如件、
  弘安五年十月十六日                      執筆 日  興 花 押

歴代法主全書 一巻八〇頁

  宗祖御遷化記録   弘安五年一〇月一六日 読み下し(平成新編御書 一八六三頁) 一、弘長元年辛酉五月十二日、伊豆国に流され御年四十 伊東八郎左衛門尉に預けらる立正安国論一巻を造り最明寺入道に奉る故なり。   同三年二月廿二日、赦免。 一、文永八年辛未九月十二日、佐土が島に流され御年五十 武州の前司に預けらる極楽寺長老良観房の訴状によるなり。 訴状は別紙に在り。   同十一年甲戌二月十四日、赦免。   同五月十六日、甲斐国波木井の身延山に隠居す地頭南部六郎入道。 一、弘安五年壬午九月十八日、武州池上に入御地頭衛門大夫宗仲。   同十月八日、本弟子六人を定め置かる此の状六人面々に帯すべし云々。日興一筆なり。       定      一弟子六人の事 不次第     一、蓮華阿闍梨 日持     一、伊与公   日頂     一、佐土公   日向     一、白蓮阿闍梨 日興     一、大国阿闍梨 日朗     一、弁阿闍梨  日昭    右六人は本弟子なり、仍って向後の為に定むる所、件の如し。     弘安五年十月八日   同十三日辰の時、御滅御年六十一 即時に大地震動す。   同十四日戌の時、御入棺日朗日昭 子の時、御葬なり。 一、御葬送次第     先火      二郎三郎鎌倉の住人     次大宝華    四郎次郎駿河国富士上野の住人     次幡      左 四条左衛門尉             右 衛門大夫     次香      富木五郎入道     次鐘      大田左衛門入道     次散華     南条七郎次郎     次御経     大学亮     次文机     富田四郎太郎     次仏      大学三郎     次御はきもの  源内三郎御所御中間     次御棺     御輿なり                侍従公                治部公              左 下野公                蓮華阿闍梨     前陣 大国阿闍梨                出羽公              右 和泉公                但馬公                卿公                信乃公                伊賀公              左 摂津公                白蓮阿闍梨     後陣 弁阿闍梨                丹波公              右 大夫公                筑前公                帥公     次天蓋     大田三郎左衛門尉     次御大刀    兵衛志     次御腹巻    椎地四郎     次御馬     亀王童             滝王童 一、御所持仏教の事    御遺言に云はく   仏は釈迦立像 墓所の傍らに立て置くべし云云。   経は私集最要文注法華経と名づく 同じく墓所の寺に篭め置き、六人香花当番の時之を被見すべし。自余の聖教は沙汰の限   りに非ず云云。 仍って、御遺言に任せ記す所、件の如し。  弘安五年十月十六日                      執筆 日  興 花 押
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美華子愛♪

Author:美華子愛♪
日蓮正宗信徒の美華子愛♪です。念のため申し上げておきますが、男性です。
昭和50年に創価学会三世として生を受け、以来平成20年まで創価学会に在籍。両親はともに現役の学会幹部。
創価学会の本尊が偽造本尊と知り平成20年に脱会、法華講の方と接触して御住職ともお話を伺い、日蓮正宗こそ正当と確信して同年に勧誡式を受けて日蓮正宗に帰伏、現在に至る。

本ブログは、主に日蓮正宗の教義資料の掲示、それに関連する傍系反系資料を含めて掲示します。
特に入手の難しい資料で信徒にも重要と思われる物について掲示していきます。
なお、誤り等あるときはご連絡いただけますと幸いです。

メールアドレスは
mikacolove0101-blog@yahoo.co.jp
メールの題に
【ブログ連絡】
と付けてくださると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理用
管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。