スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士宗学要集とは

富士宗学要集とは

富士宗学要集について若干説明しておきたい。
富士宗学要集は、碩学であられた総本山第五十九世堀日亨上人の御編纂であり、富士宗学全集全134巻から極力正系の資料を抄録した傑出の遺書である。富士宗学全集は、同猊下が心血を注いで編纂に当たられて完成をみたが、実に膨大な上、一般信徒には閲覧する便には適さず、正系以外に傍系、反系の資料も多く含まれる。その量質ともに門外不出のものであるが、多くは富士学林教科書研究教学書全31巻に収録されている。
富士宗学要集は、現在入手はさほど困難ではないが日蓮正宗では現在取り扱いが無く、多くは過去に出版された創価学会版に頼ることが通常であろうと思う。実は創価学会版については、まだ聖教新聞社での取り扱いがあり、全巻ではないものの一部はまだ購入可能な状態にある。SEIKYO onlineにて在庫を電話確認できる。
創価学会版の富士宗学要集は、じつは三回目の出版物にあたり、最初の出版は謄写原稿を印刷製本したもので雪山書房による発刊であったが、流通数が極めて少なかった。
二回目の出版は富士宗学要集刊行会からの発行で、このときに活字体に改められたようである。
三回目の出版は先に述べたとおり、創価学会版による発刊で、富士宗学要集刊行会発刊のものと同一ページ構成で発刊され、出版部数も多く今でも古書店やオークションで容易に安価で入手可能である。なお、創価学会版には総索引が付属しない(後述)。
富士宗学要集は、御書収録外の御歴代上人ほか重要資料が収録されており、特に相伝・信条部には本人妙抄、百六箇抄について後加を含めてその真偽が傍線にて示して掲載されているし、産湯相承事、御本尊七箇相承等の相伝書等を収録し、また日有上人の化儀抄を収録しているため、大変有用である。
おそらくは、富士宗学要集の出版権は創価学会が所有しているのでは無いかと思う。出来るかぎり日蓮正宗にてこの書を再出版して頂きたいと願うものである。
以下に各版について、構成および富士宗学要集刊行会版と創価学会版の箱と扉の図を掲載しておく。

★雪山書房版
富士宗學要集 相傳・信條部 昭和11
富士宗學要集 宗義部一 昭和10
富士宗學要集 宗義部二 昭和11
富士宗學要集 宗義部三 昭和12
富士宗學要集 疏釋部一 昭和10
富士宗學要集 宗史部一 昭和11
富士宗學要集 問答部一 昭和11
富士宗學要集 問答部二 昭和11
富士宗學要集 問答・宗史・雜部 昭和11
富士宗學要集 史料類聚 昭和14
富士宗學要集 史料類聚別卷 昭和17
富士宗學要集 疏釋部二 昭和10

★富士宗学要集刊行会版
富士宗学要集 箱 富士宗学要集刊行会版 富士宗学要集 扉 富士宗学要集刊行会版
富士宗学要集 第一巻 相伝・信条部 昭和31
富士宗学要集 第二巻 宗義部(一) 昭和32
富士宗学要集 第三巻 宗義部(二) 昭和33
富士宗学要集 第四巻 疏釈部(一) 昭和30
富士宗学要集 第五巻 宗史部(一) 昭和31
富士宗学要集 第六巻 問答部(一) 昭和31
富士宗学要集 第七巻 問答部(二) 昭和31
富士宗学要集 第八巻 史料類聚(一) 昭和32
富士宗学要集 第九巻 史料類聚(二) 昭和32
富士宗学要集 第十巻 疏釈部(二) 昭和33
富士宗学要集 第十一巻 総索引 昭和34

★創価学会版
富士宗学要集 箱 創価学会版 富士宗学要集 扉 創価学会版
富士宗学要集 第一巻 相伝・信条部 昭和61
富士宗学要集 第二巻 宗義部[1] 昭和61
富士宗学要集 第三巻 宗義部[2] 昭和61
富士宗学要集 第四巻 疏釈部[1] 昭和59
富士宗学要集 第五巻 宗史部 昭和60
富士宗学要集 第六巻 問答部[1] 昭和53
富士宗学要集 第七巻 問答部[2] 昭和53
富士宗学要集 第八巻 史料類聚[1] 昭和54
富士宗学要集 第九巻 史料類聚[2] 昭和53
富士宗学要集 第十巻 疏釈部[2] 昭和54
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美華子愛♪

Author:美華子愛♪
日蓮正宗信徒の美華子愛♪です。念のため申し上げておきますが、男性です。
昭和50年に創価学会三世として生を受け、以来平成20年まで創価学会に在籍。両親はともに現役の学会幹部。
創価学会の本尊が偽造本尊と知り平成20年に脱会、法華講の方と接触して御住職ともお話を伺い、日蓮正宗こそ正当と確信して同年に勧誡式を受けて日蓮正宗に帰伏、現在に至る。

本ブログは、主に日蓮正宗の教義資料の掲示、それに関連する傍系反系資料を含めて掲示します。
特に入手の難しい資料で信徒にも重要と思われる物について掲示していきます。
なお、誤り等あるときはご連絡いただけますと幸いです。

メールアドレスは
mikacolove0101-blog@yahoo.co.jp
メールの題に
【ブログ連絡】
と付けてくださると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理用
管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。