スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日興跡条々事」資料編

工事中 随時更新予定
ここには「日興跡条々事」の資料を付す。
ここでは資料に対する考察は書かない。
平成新編日蓮大聖人御書(大石寺版) 1883頁
日興跡条々事  元弘二年一一月一〇日

一、本門寺建立の時、新田卿(にいだきょう)阿闍梨(あじゃり)日目を座主と為し、日本国乃至一閻浮提の内、山寺等に於て、半分は日目嫡子(ちゃくし)分として管領せしむべし。残る所の半分は自余の大衆等之を領掌(りょうしょう)すべし。
一、日興が身に宛て給はる所の弘安二年の大御本尊は、日目に之を相伝す。本門寺に懸け奉るべし。
一、大石寺は御堂と云ひ墓所と云ひ日目之を管領し、修理を加へ勤行を致して広宣流布を待つべきなり。
 右、日目は十五の歳、日興に値ひて法華を信じて以来七十三歳の老体に至るも敢(あ)へて違失の義無し。十七の歳、日蓮聖人の所に詣で甲州身延山御在生七年の間常随給仕し、御遷化の後、弘安八年より元徳二年に至る五十年の間、奏聞の功他に異なるに依って此くの如く書き置く所なり。仍って後の為(ため)証状件(くだん)の如し。
   十一月十日

日  興 花 押

日蓮正宗聖典 519頁
日興跡条条事
一、本門寺建立の時は新田卿阿闍梨日目を座主と為し、日本国乃至一閻浮提の内山寺等に於いて、半分は日目嫡子分として管領せしむべし、残るところの半分は自余の大衆等之れを領掌すべし。
一、日興が身に宛て給はるところの弘安二年の大御本尊は日目に之れを相伝す、本門寺に懸け奉るべし。
一、大石寺は御堂と云い墓所と云い日目之れを管領し、修理を加え勤行を致し広宣流布を待つべきなり。
 右日目は十五の才日興に値い法華を信じてより以来七十三才の老体に至るも敢えて違失の義無し、十七の才日蓮聖人の所に詣で甲州身延山御在生七年の間常随給仕し、御遷化の後弘安八年より元徳二年に至る五十年の間、奏聞の功他に異なるに依つて此くの如く書き置くところなり、仍つて後の為め証状件の如し。
十一月十日
日  興 判
nikkouato_seiten519.jpg


歴代法主全書 第一巻96頁
日興跡條々事 正慶元年十一月十日

一、本門寺建立之時新田卿阿闍梨日目座主日本國乃至一閻浮提之内山寺等半分者、日目爲嫡子分管領、所半分自餘大衆等可
一、日興ハル弘安二年大御本尊日目與之本門寺
一、大石寺者云御堂墓所日目管修理勤行廣宣流布也。
 右日目十五之歳値日興法華以來至于七十三歳老體遺失之義、十七之歳詣日蓮聖人甲州身延山御在世七年之閒常隨給仕、御遷化之後自弘安八年元德二年五十年之閒奏聞之功依ナルニ、如、此也。仍後證狀如件。
   十一月十日
日   興  花 押
nikkouato_rekizen1-96.jpg


日蓮宗宗学全書 第二巻興尊全集興門集134頁
日興跡條條事

一、本門寺建立之時新田卿阿闍梨日目座主日本國乃至一閻浮提之内山寺等半分者、日目嫡子分管領、所半分自餘大衆等可
一、日興ハル弘安二年大御本尊日目□□□□授與之
一、大石寺者云御堂墓所日目管修理勤行廣宣流布也、
右日目十五之歳値日興法華巳來至于七十三歳老體遺失之儀、十七之歳詣日蓮聖人甲州身延山御在世七年之間常隨給仕、御遷化之後自弘安八年元德二年五十年之間奏問之功依ナルニ、如、此也、仍後證狀如件。
   十一月十日
日   興  

□凡四字者後人故意缼損之而授與下以他筆相傳之可奉懸本門寺九字
nikkouato_kouzen134.jpg


家中見聞中 富士宗学要集五巻188頁
第十七世日精上人の仰せの引文
日興跡条条の事

一本門寺建立の時は新田郷阿闍梨日目を座主と為し、日本国に於て乃至一閻浮提の内、山寺等の半分は日目嫡子分として管領せしむべし、残る所の半分は自余の大衆等之を領掌すべし。
一日興が身に宛て給る所の弘安二年の大御本尊日目に之レを授与す。
一大石の寺は御堂と云ひ墓所と云ひ日目之を管領す修理を加へ勤行を致し広宣流布を待つべきなり。
 右日目十五の歳日興に値ひ法華を信じて以来七十三歳の老躰に至るまで敢て違失の儀なし、十七の歳にして日蓮聖人の所甲州身延山詣で御在生七年の間常随給仕す、御遷化の後弘安八年より元徳二年に至る五十年の間奏聞の功、他に異なるに依て此くの如く書き置く所なり。
 元徳四年三月十五日
日興在判

nikkouato_fuyou5-188.jpg


富士門家中見聞抄(中) 歴代法主全書第二巻194頁
第十七世日精上人の仰せの引文
日興跡條々之事
nikkouato_rekizen2-194-195.jpg


富士大石寺明細誌 富士宗学要集五巻327頁
第四十八世日量上人の仰せの引文
日興跡条々之事
nikkouato_fuyou5-327.jpg

★更新履歴
2014/10/20 貼り付け画像をサムネイルとリンクに変更、富要五巻188頁をテキストとして打ち込んだ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

美華子愛♪

Author:美華子愛♪
日蓮正宗信徒の美華子愛♪です。念のため申し上げておきますが、男性です。
昭和50年に創価学会三世として生を受け、以来平成20年まで創価学会に在籍。両親はともに現役の学会幹部。
創価学会の本尊が偽造本尊と知り平成20年に脱会、法華講の方と接触して御住職ともお話を伺い、日蓮正宗こそ正当と確信して同年に勧誡式を受けて日蓮正宗に帰伏、現在に至る。

本ブログは、主に日蓮正宗の教義資料の掲示、それに関連する傍系反系資料を含めて掲示します。
特に入手の難しい資料で信徒にも重要と思われる物について掲示していきます。
なお、誤り等あるときはご連絡いただけますと幸いです。

メールアドレスは
mikacolove0101-blog@yahoo.co.jp
メールの題に
【ブログ連絡】
と付けてくださると幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理用
管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。